FC2ブログ

寝取られ(NTR)の夜

寝取り・寝取られ・寝とらされ・妻晒し・他人棒・M旦那の夜は長いです。ゆっくり動画を楽しみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

妄想小説 真季 14

「あなたもいいわよ、楽になったから」

そう言って止めてもらおうしたが、隆行はまだまだとその手を動かし続けた。
シロウの子宮への刺激と、隆行の遠慮のないマ○コに向かう指の動きで、真季は段々と快感が増幅してくるのがわかった。

「真季・・・あのさぁ・・・」

「ん、な・・・に・・・」

快感を我慢してはっきりと答えられないでいた。

「乳首立ってるけど…」

そう言って指先で乳首を触った。
バチンと、大きな刺激が真季を襲った。

「あん、だめ、何をするの」

「だって乳首が」

「シロウさんの前でそんなこと言わないの」

「ごめんごめん」

「いや、大丈夫ですよ、体が楽になると男でも乳首が固くなったりしますから」

「そういえば僕もさっき乳首が勃起していました、はははっ」

真季は乳首が勃起しているところを見られていたと自覚して、腕で胸を隠したがその羞恥もまた快感への引き金だった。
隆行は太ももの付け根を指でグイグイと押していた。

それは押しても引いても、陰唇をグチャグチャと刺激を与える行為にほかならなかった。
このマ○コへの直接の刺激は、これには真季も我慢ができなくなった。

そしてなにより、クチャクチャと濡れてきたマ○コが微かに音を出し始めたからだ。

「あん、だめ」

「どうした真季、そんな気持ちよさそうな声を出して」

「だめ・・・もういい。これ以上無理よ」

真季は小声で隆行の方に向かって囁いた。
本当なら目隠しされてるタオルを外して逃げたかったが、それ以上に恥ずかしくて動けないでいた。

「ウ○コ行きますか」

「いえ、そうじゃなくって・・・」

「シロウさん、僕もちょっとマッサージの方法を知っているんですよ、最後の仕上げは僕がしてもいいですか」

「はい、それは知りませんでした。勉強させてもらいます」

そういうと隆行は指を膣に挿入した。
ずいぶんと濡れているマンコは、隆行の指をなんの抵抗もなく咥え込んだ。

「あぁ、だめ、あなた、そこは・・・」

一瞬の事だったのでなんの抵抗もできなかった。
真季は止めさせようとしたが、腕を掴まれていて動けなかった。

「僕が最後は気持ちよくさせてあげるよ」

そう言いながら指を軽く曲げて、よく知る真季の快感のスポットを刺激した。

「ああぁ・・・シロウさんがいるのに・・・」

「大丈夫、真季が気持ちよくなるとこ見てもらおうか」

「だめよ、恥ずかしいから・・・だめ・・・」

そう言いながらも快感が高まった体は、拒絶の動きができなかった。

ビチャビチャ

隆行が指を出し入れするたびにマンコが音を立てた。

「ああぁ・・・」

「ほらシロウさんの前でイッてごらん」

「恥ずかしいよぉ・・・」

目隠しされているのが唯一の救いであった。
しかし人前で快感を与えられている行為が、真季の快感を倍増した。

隆行が人差指を加えて二本の指を膣に挿入し、Gスポットを中心に高速で出し入れを始めると、真季はもう我慢できなくなった。

「あああぁぁぁ・・・」

強い拒否をしないで自分の責めを受け入れている妻を、隆行は嬉しく思った。
元々真季にはMっ気があったのだ。

「あぁ・・・だめ・・・イッちゃう・・・」

マッサージで快感を高められていたせいもあってか、イク瞬間は一気にやってきた。
ビクンビックンと、体を跳ねさせ最後はのけぞるとそのまま動かなくなった。

「うぅ・・・・・・ん・・・・・・」

隆行はマ○コから指を抜出し、ヌルヌルになった指をシロウに見せると満足した笑みを浮かべた。
そして二人は、動かなくなった真季を寝室に残して出て行った。






寝取られ10005_convert_20171020231935 







 


エロランキングには沢山のエロブログがあります。ポチッとして貴方のツボを探して下さい。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


妄想小説 | コメント:0 |
<<うちの嫁を抱いてやってもらえませんか? | ホーム | 兄嫁は中出し着エロアイドル>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。