FC2ブログ

寝取られ(NTR)の夜

寝取り・寝取られ・寝とらされ・妻晒し・他人棒・M旦那の夜は長いです。ゆっくり動画を楽しみませんか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

欲求不満の人妻がハマる悶絶回春オイルマッサージ

今夜は定番の性感マッサージのお話です

欲求不満の人妻がハマる悶絶回春オイルマッサージ



寝取られ1105 

出演者 浅美結花  浜本まり  小早川怜子  片瀬さつき
監督 宮藤春男
メーカー クリスタル映像
レーベル クリスタル映像
再生時間 147分24秒
ビットレート 6,000kbps
解像度 1920×1080pixel



最近エロチャットで「奥さんに性感マッサージ致します」的な部屋が目につきます

やはり寝取りの定番導入部分としてマッサージは奥さんへの説得に好材料なのか、奥さんのハードルが下がるのか

私がお聞きした人の中でも実際に、性感マッサージから挿入に至ったって人が多かったです

この作品で妄想して寝取られ体験しますか?

それとも勉強して寝取りに挑戦しますか?







エロランキングには沢山のエロブログがあります。ポチッとして貴方のツボを探して下さい。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

未分類 | コメント:0 |

うちの嫁を抱いてやってもらえませんか?

今夜は義父にちょっかいを出すも満足できなかった嫁の話

【拡散希望】私の息子が懲役囚で、若い嫁は欲求不満で私に迫ってきて困っています。どうか、うちの嫁を抱いてやってもらえませんか?


寝取られ1104 

出演者 霧島さくら
監督 Buddha D
メーカー クリスタル映像
レーベル クリスタル映像
再生時間 136分52秒
ビットレート 6,000kbps
解像度 1920×1080pixel



息子が懲役刑をくらって塀の中へ、言えには若い嫁さんと二人きり

その内性欲に我慢できなくなった嫁が、義父に迫ってきます

嫁さんの性欲は果てしなく、自分では満足させてやれないとSNSで相手を募集してやります

爆乳を揺らせてヨガりまくる嫁さん

このGカップの乳は必見です









エロランキングには沢山のエロブログがあります。ポチッとして貴方のツボを探して下さい。
未分類 | コメント:0 |

妄想小説 真季 14

「あなたもいいわよ、楽になったから」

そう言って止めてもらおうしたが、隆行はまだまだとその手を動かし続けた。
シロウの子宮への刺激と、隆行の遠慮のないマ○コに向かう指の動きで、真季は段々と快感が増幅してくるのがわかった。

「真季・・・あのさぁ・・・」

「ん、な・・・に・・・」

快感を我慢してはっきりと答えられないでいた。

「乳首立ってるけど…」

そう言って指先で乳首を触った。
バチンと、大きな刺激が真季を襲った。

「あん、だめ、何をするの」

「だって乳首が」

「シロウさんの前でそんなこと言わないの」

「ごめんごめん」

「いや、大丈夫ですよ、体が楽になると男でも乳首が固くなったりしますから」

「そういえば僕もさっき乳首が勃起していました、はははっ」

真季は乳首が勃起しているところを見られていたと自覚して、腕で胸を隠したがその羞恥もまた快感への引き金だった。
隆行は太ももの付け根を指でグイグイと押していた。

それは押しても引いても、陰唇をグチャグチャと刺激を与える行為にほかならなかった。
このマ○コへの直接の刺激は、これには真季も我慢ができなくなった。

そしてなにより、クチャクチャと濡れてきたマ○コが微かに音を出し始めたからだ。

「あん、だめ」

「どうした真季、そんな気持ちよさそうな声を出して」

「だめ・・・もういい。これ以上無理よ」

真季は小声で隆行の方に向かって囁いた。
本当なら目隠しされてるタオルを外して逃げたかったが、それ以上に恥ずかしくて動けないでいた。

「ウ○コ行きますか」

「いえ、そうじゃなくって・・・」

「シロウさん、僕もちょっとマッサージの方法を知っているんですよ、最後の仕上げは僕がしてもいいですか」

「はい、それは知りませんでした。勉強させてもらいます」

そういうと隆行は指を膣に挿入した。
ずいぶんと濡れているマンコは、隆行の指をなんの抵抗もなく咥え込んだ。

「あぁ、だめ、あなた、そこは・・・」

一瞬の事だったのでなんの抵抗もできなかった。
真季は止めさせようとしたが、腕を掴まれていて動けなかった。

「僕が最後は気持ちよくさせてあげるよ」

そう言いながら指を軽く曲げて、よく知る真季の快感のスポットを刺激した。

「ああぁ・・・シロウさんがいるのに・・・」

「大丈夫、真季が気持ちよくなるとこ見てもらおうか」

「だめよ、恥ずかしいから・・・だめ・・・」

そう言いながらも快感が高まった体は、拒絶の動きができなかった。

ビチャビチャ

隆行が指を出し入れするたびにマンコが音を立てた。

「ああぁ・・・」

「ほらシロウさんの前でイッてごらん」

「恥ずかしいよぉ・・・」

目隠しされているのが唯一の救いであった。
しかし人前で快感を与えられている行為が、真季の快感を倍増した。

隆行が人差指を加えて二本の指を膣に挿入し、Gスポットを中心に高速で出し入れを始めると、真季はもう我慢できなくなった。

「あああぁぁぁ・・・」

強い拒否をしないで自分の責めを受け入れている妻を、隆行は嬉しく思った。
元々真季にはMっ気があったのだ。

「あぁ・・・だめ・・・イッちゃう・・・」

マッサージで快感を高められていたせいもあってか、イク瞬間は一気にやってきた。
ビクンビックンと、体を跳ねさせ最後はのけぞるとそのまま動かなくなった。

「うぅ・・・・・・ん・・・・・・」

隆行はマ○コから指を抜出し、ヌルヌルになった指をシロウに見せると満足した笑みを浮かべた。
そして二人は、動かなくなった真季を寝室に残して出て行った。






寝取られ10005_convert_20171020231935 







 


エロランキングには沢山のエロブログがあります。ポチッとして貴方のツボを探して下さい。

妄想小説 | コメント:0 |

兄嫁は中出し着エロアイドル

今夜は大好きだったアイドルが兄嫁になったお話

兄嫁は中出し着エロアイドル   蓮実クレア



寝取られ1031 

出演者 蓮実クレア
メーカー Nadeshiko
レーベル なでしこ
再生時間 79分08秒
ビットレート 6,000kbps
解像度 1920×1080pixel



妄想の世界に浸る一番が、アイドルともし一緒に生活したら? だと思いませんか

自宅に兄嫁として来たのが女優の「蓮実クレア」

あの有名なAV女優です

あ、最近は「セクシー女優」って言うんですよね?

おっぱいが最高です

美乳なんです

こんな兄嫁が脚を開いて、迎え入れてくれたなら・・・

誰だって思いっきり中出ししちゃいますよね

そんな作品です









?エロランキングには沢山のエロブログがあります。ポチッとして貴方のツボを探して下さい。
未分類 | コメント:0 |

妄想小説 真季 13

「じゃ、上向いてくれるかな」

ベッドの下に隠れている隆行に気づく気配はなかった。
上を向いた真季の目の部分にタオルをかけて視線を隠した。

その流れで胸にかけてあるタオルを剥がす。
夢うつつの真季はタオルケットを胸から取られても、疑問を感じる状態ではなかった。

二人の目の前には、しっかりと乳首がTシャツを押し上げ、存在感をアピールしていた。
シロウが妻の乳首の突起をガン見しているのを見た時、我慢できずに1回目の射精をしてしまった。

上を向いた真季の短パンを下に少しずらして、臍の下あたりを右手の人差指と中指の2本でトントンと軽く叩き出した。

「軽く腸に刺激を与えることで、腸の運動が活発になるんですよ」

「はい」

すっかりマサのマッサージを信用していた真季は、すべてを委ねていた。
しかしこのマッサージの目的は、腸への刺激が本当の目的ではなかった。

軽くトントンと叩く先は、子宮であった。
最初は何事もなかったが十分にセックス経験のある中イキできる女性は、この子宮への刺激は段々と快感に変わってくるのだ。

その証拠に真季の体が熱く火照ってきたのが、隆行にも見ていてわかった。
しばらくすると、足をモゾモゾと動かし始めた。

「もしウ○コ行きたくなったら言ってね~」

「いえ、全然大丈夫です」

そう言われて行きますとは、なかなか言えないことはわかっていた。
真季は自身がだんだんと変な感じになってきたことがわかったが、今更やめてほしいとは言えなかった。

変な感覚の正体とは、まずほんの少しではあるが濡れてきているのが自覚したことであった。
そしてなんとなく体が火照り、敏感になってきた。

これは健全なマッサージなんだから、感じちゃう自分が変なんだと自分自身に言いきかせていた。
尚も低刺激でトントンと子宮を叩かれた。

「あっ」

「どうかした」

思わず真季は吐息をもらしてしまった。

「あ、いいえ、なんでもありません、エヘンちょっとのどが・・・」

だいぶんと感じている証拠だった。
足もさっきよりもモゾモゾとしている。

Tシャツを押し出すポッチも大きくなっているのがよくわかった。
そこへ待ってましたとばかりに、寝室の扉を一度開閉してから隆行が声をかけた。

「真季どう楽になった」

「うん…とっても楽になったよ」

いかにも今、寝室に入ってきた旦那が、妻の様子を伺っているようなセリフだった。

「ねぇシロウさん僕にもマッサージ教えてもらえますか」

「ええいいですよ」

「どうしたらいいんですか」

「そうですね、簡単に言うとリンパの流れを良くしてあげるんですよ」

白々しい会話が二人の間で交わされた。
目隠しされている真季には、にやけながら男達が真季を見ているとも思わずに・・・

「真季ちょっとやってみるから」

「えぇあなたが?」

突然の夫の申し出に、どう言うつもりかわからずビックリした。

「だっていつもいつもマサさんに頼めないじゃない、普段は僕がマッサージしてあげるよ」

「うん、いいけど、痛くしないでね」

目隠しをした状態のまま快感が高まって不安になっていたが、旦那が来てくれたことで少し安心していた。
しかし素人の旦那が何を始めるのか、少しそれが別の不安になった。

隆行はマサの反対側に回って太ももを擦り始めた。
それはさっきシロウの精子が刷り込まれた太ももである。

「こんな感じですかね」

隆行はマッサージというより、真季の太もも愛撫しているようであった。

「そうですね親指にもうちょっと力を入れて、ゆっくりと押し込む感じで、やさしく上に向かって押し上げて下さい」

そう言われて隆行は掌で太ももを下から上に擦り、親指を内またのところで特に力を入れながら上に押し上げた。
指を下げる分には何事もなかったが、上にあがってくると親指が短パンの中、パンツにまで届くぐらい擦ってきた。

真季は慣れないことをするからわからないからと思ったが、その動きは明らかに真季の局部に向かっていた。
シロウの手前、さすがにこれはまずいと思った.





寝取られ10004_convert_20171020231922 











 


エロランキングには沢山のエロブログがあります。ポチッとして貴方のツボを探して下さい。

妄想小説 | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。